Kanaitachigaya

Welcome to Kanata's novels

アムネシアは蜜愛に花開く

アムネシアは蜜愛に花開く
タイトルアムネシアは蜜愛に花開く
傾向元義姉 × 元義弟
内容藤城杏咲は十年前、父の再婚相手の連れ子だった義弟であった巽と一度だけ関係を持った。それを、義母に見られて両親は離婚してしまい、音信不通に。 そして十年後、セックスに対してトラウマを持つようになってしまった杏咲は、濡れない身体を隠して上司である恋人に抱かれており、杏咲を溺愛する優しい彼からプロポーズをされていたが踏み切れないでいた。 そんな杏咲の前に、彼女が商品開発をしている化粧品会社の社長令嬢の婚約者として、巽がアムネシアの薔薇の香りを纏って現れた。

掲載サイト:
大人(改稿版) / メクる

お互いに恋人がいる、元義姉と元義弟の恋の行方は?

藤城杏咲(27)
昔巽との情事を義母にみられたせいで、親が離婚。そのショックで体が濡れない。恋人からはプロポーズをされている。化粧品会社「ルミナス」の広報担当
氷室(藤城)巽(25)
親の離婚後は消息不明だった、杏咲の元義理の弟。ある日「ルミナス」を吸収する「アムネシア」の専務としてやってきて、杏咲と企画をすることになる。由奈が婚約者
広瀬怜二(31)
杏咲の上司であり恋人。部下からの信頼が厚く、杏咲に優しい。杏咲にプロポーズをしているが返事は保留。由奈とは仲がいい
三嶋由奈(31)
杏咲が勤めていた「ルミナス」の社長令嬢で秘書。怜二の同期であり、巽の婚約者
作品についてのご感想はCLICK